舛添前都知事、大規模会場でのワクチン接種拡大に懸念 「ほとんど意味がない」

政府は15日、大規模接種会場で64歳以下のワクチン接種も受け付けると発表。これに対し、舛添要一前都知事が懸念を示す。

2021/06/15 23:30

舛添要一
(©舛添要一公式ツイッター)

舛添要一前東京都知事が、15日に自身のツイッターを更新。64歳以下も対象となった大規模接種センターでのワクチン接種に懸念を示した。



 

■64歳以下も接種が可能に

政府は15日、自衛隊が運営するコロナウイルスワクチン大規模接種センターでの接種対象を、これまでの65歳以上から拡大すると発表。18~64歳に拡げ、16日午前0時から予約受付を開始、17~27日にかけて接種するとしていた。

対象に地域の制限はないが、まだ1度もワクチン接種を受けていないことが条件となり、自治体から送られる接種券も必要になるという。


関連記事:舛添要一氏、築地市場跡の接種会場計画を批判 「一夜城を作ろうとした小池都知事の失敗」

 

■現状では無意味だと懸念

舛添前知事はこの決定に対し、自身のツイッターで「政府の大規模ワクチン接種会場で、18〜64歳も対象にするというが、自治体が発行する接種券がないと予約できない」とその条件面に言及。

「これなら、ほとんど意味が無い。64歳以下に接種券を今すぐに送るのは大都市では無理だ」と、そもそも接種券配布が滞っているのではと指摘する。


■原因は縦割りに?

さらには、「自衛隊と厚労省と自治体とバラバラ、政府の体をなしていない。なぜこんなちぐはぐになるのか」とつづる舛添前知事。会場を管理する自衛隊、ワクチンを担当する厚労省、接種券を配布する自治体と、三者の連携が取れていないと感じているようだ。

これに対し、フォロワーからは「状況は改善されていると思います」「政府の責任者がツイッターでのパフォーマンス第一の愚か者だからでしょうね…」「接種券より一時支援金と協力金」など、さまざまな反応が寄せられている。

・合わせて読みたい→SBグループがワクチン大規模接種会場「全て無償提供」 孫正義氏に称賛の声

(文/しらべぇ編集部・玉山諒太

→Amazonで購入前にギフト券チャージ! ポイント最大2.5%還元

ツイッター政治舛添要一ワクチン新型コロナウイルスワクチン接種大規模接種
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング