凡ミスでKFCを食べそこねた逆ギレ男 vs 無実の被害者 苦情文と反論文でバトルを展開

とんだ失敗をし、勝手にキレた人物。キレられたほうも、黙ってはいられなかった。

話題

2021/06/16 11:30

ケンタッキー

「どうしてもケンタッキーフライドチキンが食べたい」。そう考えた人物が大量にオーダーした商品を食べそこね、ブチギレた。しかもそれがとんでもない逆ギレであったことを、『Metro』などイギリスのメディアが報じた。



 

■届かなかったチキン

イギリスで暮らす人物が、ケンタッキーフライドチキン(以下KFC)の商品が食べたくなり、デリバリーを頼むことにした。大量にオーダーした結果、合計金額は日本円で5,600円近くに。

家に届くのを「今か、今か」と待っていたが、住所を伝え間違えたせいで、チキンは別の家に届けられてしまった。一方、手違いで突然チキンが届いた男性は、「オーダーしていません」と配達員に伝え受け取りを拒否したという。


関連記事:ケンタッキーが投稿した“証書”が最高すぎる 「卒業なんてとんでもない」

 

■苦情文の最低な内容

しかしその後、男性宅のドアの隙間から一通の手紙が放り込まれた。男性は困惑しながらも読んでみると、そこには「アンタがジューシーなKFCを食ったのはわかっている」「でもそれは私のもので、私が住所を間違えてしまったせいでそっちに届いたにすぎない」などとなぐり書きされていた。

さらに「私は人間愛を信じていたけれど、間違えていたようだ」「私のチキンなのに、アンタが食ってしまったんだから」「そもそも善人なら、受け取りは拒否しただろう」「でもアンタは強欲だ」などとも書かれており、「36ポンド(約5,600円)の貸しがあるからな」という言葉で締めくくられていた。

署名はなく、誰が書いたのかは分からないままだという。

次ページ
■男性の怒りが爆発