河野太郎大臣が着用したマスクでも話題に 沖縄・「うらそえ織」製造元に聞いた

「大臣はいつも、そういうさり気ない気遣いを忘れずに大切にされてますよね」との声。

2021/06/16 17:20


 

■着心地のよい豊かな布

丁寧に手びきした糸には、「まゆ糸」がもっているウェーブがそのまま残っているのが特徴。機械でひいた糸とは違い空気を含んでいるため、ふっくらとして良質の糸になり、着心地のよい豊かな布に仕上がる。

うらそえ織
(写真提供:うらそえ織協同組合)

うらそえ織は、当時の市長の「浦添市に手仕事を残したい」との思いを受けて、2006年の織子育成事業からスタート。その後2度の組織変更を経て、「生活していくためのライフワークとして続けたい」と残った8名で2017年に「うらそえ織協同組合」を設立した。


関連記事:河野太郎大臣、マスクの柄を間違われ絶句 「今日はフロンターレマスクですね」

 

■新しい伝統を築きたい

親富祖代表理事は「沖縄の染め織りは、地域文化として古くから根付いてきた。その伝統の良さを知り、私たちなら何ができるのかを探求し続け、新しい伝統を築いていきたい。また、お客様が使うことで、豊かな歩みのキッカケとなるものをご提供したい」とその想いについて述べた。

名刺入れ
(写真提供:うらそえ織)

組合のホームページ上では、マスクのほか、かりゆし、ネクタイ、名刺入れなどが通販で購入可能となっている。

・合わせて読みたい→河野太郎大臣、ベルマーレ応援はマスクだけではなかった… 足元の写真に反響

(取材・文/しらべぇ編集部・Sirabee編集部

→Amazonプライム会員だけが参加できる! 年に一度のビッグセール「プライムデー」7月12、13日。初回会員登録は30日無料。

マスク国会浦添市沖縄県ネクタイ新型コロナウイルス特別委員会うらそえ織名刺入れかりゆし
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング