「夫の前妻の命を救いたい」と腎臓を提供 優しく勇気あふれる女性が話題に

臓器移植をじっと待つ苦労、そして先が見えないつらさを知っていた女性が、提供を決意した。

2021/06/17 19:00

患者・看病・介護
(Obencem/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

最愛の男性の元妻が苦しんでいる。それを知った女性が「助けてあげたい」と申し出て臓器を提供したことを、『Fox News』などアメリカのメディアが報じた。



 

■腎臓移植を求めた女性

アメリカ・フロリダ州で暮らす女性(59)は、30年ものあいだ高血圧に悩んでいた。そのせいで腎臓の機能は徐々に低下し、ついには担当医より「腎臓の移植手術を受けたほうがいい」「さもなければ、いずれ透析が必要になってしまう」と宣告された。

ショックを受けた女性は男兄弟に声をかけ、「お願い、腎臓を提供して?」と依頼。しかし検査した結果「適合しない」と判断され、あきらめざるを得なかった。その後に娘の腎臓ならマッチすることがわかったが、そちらは妊娠していたため、やはり断念するしかなかったという。


関連記事:堀ちえみ、がん早期発見・早期治療の大切さを語る 2年前の食道がんは「ステージ0」だった

 

■意外な人物が検査へ

女性はずっと昔に離婚済みで、頼りになる人も多くはいない。だがどうしても腎臓が必要になったためSNSに事情を書き込み、「提供してくださる人はいませんか」と呼びかけた。

それを見て「ならば私が検査を受けてみます」と真っ先に申し出たのは、なんと元夫の婚約者デビーさん(56)だった。すぐに連絡を取り合ったふたりは、病院で検査を受けることに。その結果、デビーさんの腎臓なら申し分ないことが明らかになった。

次ページ
■兄弟を失った過去が…

「楽天スーパーSALE」12月4日20時から 約200万点が半額以下に

夫婦手術検査前妻臓器提供腎臓移植移植手術翻訳記事適合不適合嚢胞性線維症
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング