菅首相、緊急事態宣言の解除を今夜説明へ 一定条件で酒類提供も認める方針か

菅義偉首相は、緊急事態宣言の解除について今夜19時過ぎから国民に対して説明を行う予定だ。

政治

2021/06/17 11:25


 

■酒類提供を認める方向

緊急事態宣言とまん延防止等重点措置の対象地域では、飲食店に対する午後8時までの時短要請を継続する方針。その上で、感染対策など一定の条件を満たせば午後7時までの酒類提供を認める方向だ。

また、感染状況に応じて、都道府県知事の判断で制限を上乗せし強化することも可能とすると見られ、自治体によって今後の対応について方針が変わってくることが予想される。


関連記事:尾木ママ、緊急事態宣言の解除や延長の仕方に持論 「継続ポイントを明確に」

 

■五輪開催についても

7月23日に開催が迫る東京五輪について、政府は観客数を上限1万人とする方向で検討していると見られ、東京五輪パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長は、観客上限は国内でのスポーツイベントに対する政府方針に準じて設定する考えを示していた。

新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は人出の増加に懸念を示しており、これまで協力して感染対策に取り組んできた菅首相と尾身会長だが、五輪開催を巡る発言は違いが目立ってきており、本日の会見では五輪開催についても説明を求める声が集まると見られる。

・合わせて読みたい→菅首相、緊急事態宣言再延長の背景を説明 「以前より長い期間を必要と…」

(文/しらべぇ編集部・中島隼貴

この記事の画像(1枚)