辻希美、アンチの言葉も力に? 「コノヤロー! と思って…」

何を書いても炎上する…そんな時期もあった辻希美&杉浦太陽夫妻。今から振り返ると…?

辻希美

17日、都内にて「『大好きな人と結婚した、その後。』 発売記念イベント」が開かれ、タレントの辻希美杉浦太陽夫妻が登場。結婚当初、そして今の2人に対する反応について語った。


画像をもっと見る

 

■謝罪から始まった結婚

杉浦太陽、辻希美

杉浦は「結婚会見をさせていただいたのが15年前。僕ら…一言目が謝罪から始まった」と苦笑いを浮かべる。結婚当初は「ままごと婚」などと呼ばれ、壮絶なバッシングを受けていた2人。

「その頃を思い返すと、今の自分達があるのは想像もつかなかったですし、びっくりの一言です」と辻もうなずく。


関連記事:杉浦太陽、愛息のケガにショック 「ダッシュで家に戻ったら…」

 

■妊娠報告が怖かった

辻希美、杉浦太陽

「3人目を出産するまでは私達、何をやっても言われちゃうことが多くて。『4人目を妊娠しました!』って報告をSNSに上げるとき、すっごく怖かったです」と振り返る辻。

しかし「コメントがすっごい暖かく迎えてくれて…本当にびっくりしました」と、4人目の妊娠・出産で2人に対する空気が一気に変わったという。

「YouTubeって生活感とか、料理の作り方とか、自分自身がでてしまう。私、すごく大雑把なので、作り方を見せてしまうと雑。でも、その雑さ・手抜き感に共感してもらえるようになって、すごくSNSの発信もやりやすくなった。『自分はこのままでいいんだ』って思えるようになったので、本当に感謝しています」と微笑む。


■コノヤロー! と思って…

辻希美、杉浦太陽

ブログに何を書いても炎上する日々だったが、「『筑前煮の野菜の切り方が大きい』とか『ハンバーグは煮込むな』とかあったんですけど…指摘されたことで学んだこともたくさんあったので」と、落ち込むだけでなくしっかり受け止めていたそう。

「そういう人の声から学んだこともあったので。逆に感謝というか、良かったなとは思ってます」と感謝を述べる辻を、「その言葉から逃げずに受け止めて、自分を成長させた」と優しく見つめる杉浦。

辻希美

それでも多少はイラッとはしていたようで、「コノヤロー!! と思って野菜ちっちゃく切ったりしてた」と明かし、2人で笑っていた。結婚生活や子育てについて書いた、辻希美・著『大好きな人と結婚した、その後。』は、6月17日発売。

・合わせて読みたい→杉浦太陽、ケガした長男の回復に安堵 「元気に出発しました」と報告

(取材・文/しらべぇ編集部・たつき あつこ

結婚子育て辻希美杉浦太陽アンチバッシング
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング