高須院長、懐かしのアイスバケツチャレンジを回顧 「元気になったらまたやろう」

がん治療のため入院中の高須院長。過去のチャレンジを懐かしみ「元気になったらまたやろう」とつづっている。

話題

2021/06/17 18:15

高須克弥

高須クリニックの高須克弥院長が17日、自身の公式ツイッターを更新。過去に行った「アイスバケツチャレンジ」を振り返った。



 

■今月1日から入院

高須院長は、かねてより全身がんであることを公表しており、今月1日に入院して挑戦的治療法に臨むことを報告。

入院中は連日、現在の状況や心境についてのツイートのほか、過去の出来事を振り返る画像や動画も投稿している。


関連記事:高須院長、行きつけのコメダで2ショット公開 元気な笑顔で「お肌すべすべ」

 

■2014年8月に挑戦

「アイスバケツチャレンジ」は、筋委縮性側索硬化症(ALS)患者の支援のために、バケツに入った氷水を頭からかぶるか、もしくは寄付をするという運動で、実行した人が次に実行する人を指名する形で米国から広まり、日本でも著名人らが続々と参加した。

高須院長は2014年8月に、歌手・郷ひろみからの指名を受けて挑戦。“万が一”のために救急医とナースが待機し、AEDを準備して氷水を頭からかぶり、さらに1万ドルを寄付した。

パートナーで漫画家の西原理恵子氏も一緒に挑戦し、高須院長から氷水をかけられて笑顔を見せていた。

次ページ
■西原氏に氷水をかけて…