梅沢富美男、東京五輪を「政治の道具にするな」と激怒 称賛の声相次ぐ 

菅首相の緊急事態宣言解除を発表する記者会見を見た梅沢富美男が「スポーツやオリンピックを政治のネタにするな」と激怒した。

テレビ

2021/06/18 00:10

梅沢富美男

17日放送の『バラいろダンディ』(TOKYOMX)で、梅沢富美男が20日で沖縄を除く9都道府県対象の緊急事態宣言解除を発表した菅義偉首相と、東京五輪の無観客開催を公約にした一部都議会議員に怒りを爆発させた。



 

■宣言の解除に梅沢が…

菅首相が緊急事態宣言の解除と東京五輪開催に意欲を示す記者会見を見た梅沢は「ただ通り一遍のお話をするだけで。オリンピックはやりますって言ってるのと一緒だよね」と話す。

続けて「俺は反対でもなんでもないんだよ。気分的にやらないほうがいいなと思ってるよ。オリンピックをやるんだったら無観客だね。だってそうでしょう? みんな頑張って我慢して、店がつぶれても頑張ってきた」と訴える。

そして「オリンピックをやりたいなら、やればいい。その代わり、皆さんには『我慢してください』っていうことを言ってるんだから、補償をちゃんとしてあげなよ」と強い口調でまくし立てた。


関連記事:梅沢富美男、東京に適用検討のまん延防止措置に激怒 「みんな辟易してる」

 

■一部都議の公約に激怒

梅沢はさらに「頭にきてね、寝られなかったんだ。都議会選挙があるよね。そこで、無観客でやることを選挙公約にいたしますって言った人がいるとか、いないとか聞いたんだ」と話す。

そして「なんだ? 無観客にするのは、都議会議員が決めるのかい? 都知事が決めんのかい? 国が決めるのかい? はっきりしてくれよ」と指摘。

さらに「スポーツとかオリンピックを、政治家の政治のネタにするなよ。悔しいね。当選して無観客にできなかったらどうするの? 辞めるの? 辞めないでしょ」と激怒した。

次ページ
■「五輪を政治の道具にするな」