夏休みの家族旅行で起きた悲劇 海で泳ぐ15歳少女が落雷事故で死亡

落雷により人体に流れる大電流。命が助かっても、長期観察が必要な後遺症に悩まされることがあるという。

社会

2021/06/19 08:00

海・ビーチ・雷・落雷
(Javier_Art_Photography/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

アメリカ・ジョージア州の美しいビーチで先週末、海で泳いでいた15歳の少女に雷が落ちた。海中でも起こり得る恐怖の落雷死亡事故について、同国の『ABC News』に続き、イギリスの『Mirror』なども報じている。



 

 

■美しい人気のビーチで

青春真っ盛りという15歳の少女の命を奪う落雷事故が起きたのは、北大西洋に面したジョージア州チャタム郡のタイビー・アイランド(Tybee Island)で、12日午後2時35分頃のことだった。

ここはウミガメが産卵することや、美味しいレストランが立ち並ぶことで知られる人気のビーチで、死亡した少女は家族や友人とともにアラバマ州から訪れていたという。


関連記事:サッカー練習中に9歳少年が落雷で死亡 父親やチームメイトの目の前で…

 

■懸命な心肺蘇生法も…

少女は当時、海に出て泳いでいた。落雷の知らせを受けたライフセーバーが救助し砂浜に引きあげると、救急隊員の到着まで心肺蘇生法が続けられた。だが、近くの病院に搬送された後に、死亡が確認されている。

アメリカ海洋大気庁(National Oceanic and Atmospheric Administration)は、アメリカでは落雷事故で年間平均49人が死亡し、数百人が負傷すると発表している。

次ページ
■一撃の水面電動で多数が死傷

この記事の画像(1枚)