ヒップを触るインストラクターの告発動画が波紋 投稿女性はジム追放に納得いかず

苦情を入れただけでは取り合わず、証拠の動画を録画することにした女性。ジムはそのことに激怒した。

2021/06/20 05:30

ウエイトトレーニング・インストラクター・ジム
(kazuma seki/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

数ヶ月前から近所のジムに通うようになり、ウエイトトレーニングに夢中になっていたフィリピンの女性。しかし、ある男のインストラクターを敵に回したことをきっかけに、ジムを追放されてしまった。納得がいかない彼女の心境を、『Tyla』『Mirror』など海外のメディアが報じている。



 

 

■男性インストラクターと友達に

フィリピン・ルソン島のパンガシナン州の自宅で両親とともに暮らすファーン・ヴィラセランさん(22)は、会計士として働くかたわら、今年2月から近所のジムに週6日も通い、熱心にウエイトトレーニングを続けてきた。

そんななか、彼女はある男性インストラクターと友人関係になったが、彼はとんでもない人間だった。プライバシーを重んじ、名前などは明らかにされていない。


関連記事:古河由衣、お尻が飛び出すスクワット動画に「眼福」「最強の尻」

 

■「臀部の筋肉の張りを確認」

インストラクターは異様なほどファーンさんにつきまとうようになり、重いバーベルでスクワットをするなど、身動きが取れないときに限ってヒップをぎゅっとつかんだり、ピシャリと叩いたりするようになった。

不快に感じたファーンさんは距離を置き、ジムの支配人に苦情を入れた。しかし、インストラクターは「臀部の筋肉の張りを手で確かめただけ。誰に対してもやっていること」と説明。その主張が認められたという。

次ページ
■告発動画投稿にジムが激怒

→【Amazonタイムセール祭り開催中】食品10%ポイント還元キャンペーン同時開催 5月30日23時59分まで

動画フォロワージム苦情インストラクター証拠TikTok告発スクワットバーベルウエイトトレーニング翻訳記事会計士臀部
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング