南米サッカー選手ら大量にコロナ感染 コパ・アメリカは五輪感染爆発の不吉な前兆か

国民や医療専門家の反対のなかで強行開催された「コパ・アメリカ」。しかし続々とコロナ感染者が…。

2021/06/20 15:30

新型コロナウイルス・COVID-19
(画像提供:アメリカ国立アレルギー・感染症研究所)

6月13日~7月10日の予定で、現在ブラジルで開催されている「コパ・アメリカ」大会。強豪が揃う南米サッカー連盟(CONMEBOL)による、プロサッカー界の一大イベントである。

ところがそこで、選手らが続々とコロナに感染していることがわかった。ワクチンは打っていないのか、これで五輪は安全安心なのかと波紋を広げている。



 

■国民が大反発も強行開催

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらないブラジル。日本時間の20日午前9時半の最新情報によると、累計1,788万人の感染者と50万人の死者を出し、今なお1日に8万人を超える新規感染者が確認されている。

ワクチン接種率の低さもあり、医療専門家はもちろんブラジルの国民6割超が中止を求めるなか、第47回となる「コパ・アメリカ」は政府の強い意向により開催されたという。


関連記事:「東京五輪は絶対やる」IOCの強気発言 相次ぐ危険視記事を牽制か

 

■続々と増える感染者

安全安心のため、と参加する10チームの選手やスタッフ、大会関係者には連日PCR検査が行なわれているが、アメリカの『FORBES』が伝えたところによれば、大会3日目にはなんと52人が陽性と判明。選手やチームスタッフが多いが、主催者側のスタッフも19人含まれているという。

例えばブラジルと対戦のペルーは、主軸のMFクリスティアン・クエバ選手の陽性がわかり、彼の出場停止でペルーは敗北。サッカーは強烈なボディコンタクトのあるスポーツで、クエバ選手ひとりの感染で済むわけがないとみられている。

次ページ
■感染は母国を出る前か

Amazonブラックフライデー最終日!

コンドームブラジルペルーアルコールGPS東京五輪選手村ベネズエラ新型コロナウイルス感染者翻訳記事ボリビアコパ・アメリカ前兆
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング