要介護の高齢夫を憎んだドS妻 ネバネバ熱湯を浴びせて殺人罪に

せめて苦しまないよう、一気に…。そうは思えないほど夫を憎んだ女が、ひどい事件を起こした。

2021/06/21 11:30

沸騰・お湯
(vinicef/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

高齢の夫と逃れられない介護の現実…。そんな生活にうんざりしていた女が夫を殺害したが、その方法はまさに拷問だった。あまりにも残酷な方法を選んだ女について、『Metro』などイギリスのメディアが報じている。



 

 

■口うるさい要介護の夫

結婚から38年。イギリス・ウィラルで暮らす女(59)の年上の夫も81歳と高齢になり、介護が必要な生活が始まっていた。

そんな夫の世話を担当していた妻は、昨年7月に娘と気晴らしに外出。しかし気難しい夫は外出先にも電話をかけ、「いったい何時に帰ってくるんだ」と妻を質問攻めにした。せっかくの楽しい外出を台なしにされた妻はカッとなったが、子供になだめられ、しばらくしてから自宅に戻った。


関連記事:大量の目薬を飲み物に混ぜ続け… 夫を殺害しようとした50代妻を逮捕

 

■ネバネバの熱湯を浴びた妻

妻の怒りはなかなかおさまらず、帰宅後は親戚数名に電話をかけて、夫に対する不満をもらしたという。そのうち妻は「アイツなんか死ねばいい」という気持ちを抑えきれなくなり、殺害を決意。2020年7月14日にバケツいっぱいの水を沸騰させ、「夫に浴びせてやろう」と考えた。

女は熱湯に3袋分もの砂糖を加え、夫が休む寝室へ。ベッドで横になっている夫に一気に浴びせ、全身の3分の1以上にやけどを負わせた。砂糖のせいでネバネバした熱湯は夫の体からすぐには垂れ落ちず、夫はまさに地獄のような痛みを味わうはめになった。

次ページ
■苦しんだ末の死

→最大60%OFF! Kindle本ビジネス書セール2月3日まで

年の差砂糖介護やけど熱湯殺人罪有罪殺意世話翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング