玉川徹氏、山手線トラブルで2時間乗客閉じ込めに「判断は早いほうがいい」

この日の番組では、20日に山手線などが運行停止となったトラブルについて報道。玉川徹氏が、乗客が長時間停電した電車内に閉じ込められてしまったことに言及した。

2021/06/21 13:15

玉川徹

21日放送の『羽鳥慎一 モーニングショー』(テレビ朝日系)では、20日に東京・渋谷区のJR東日本の変電所で送電トラブルが発生し、山手線などが一時運転見合わせとなったことを報道。乗客が長時間車内に閉じ込められた事態に、同局の玉川徹氏が言及した。



 

■乗客16万人が足止めに…

20日17時半ごろ発生した変電所の送電トラブルによって、山手線や埼京線など6つの路線が全線復旧までに約4時間~4時間半を要し、およそ16万人に影響。

一部区間では、車内に閉じ込められた乗客を降ろす対応もとられ、その間、安全確保のため近くを走る総武線・中央線の運行も停止に。


関連記事:松本人志、コロナ意識低い新幹線の迷惑客に皮肉 「昭和か」と呆れる声も

 

■蒸し暑い車内に2時間半

この日の東京都の日中の最高気温は28℃。電気系統のトラブルにより空調もストップし、多くの乗客が蒸し暑い車内に閉じ込められる事態に。

番組の取材に応じた乗客の男性は「普通に座っていてジワジワ汗が出てきた」と話し、2時間半山手線の車内に閉じ込められた後、乗務員の誘導により200m先の目黒駅まで線路を歩く様子が流れた。

他県から訪れていた人も多く見受けられ「途方に暮れて人生終わったみたいな感じ」「静岡の家に帰れない」と困惑する声も。

次ページ
■鉄道の安全対策に喚起も
山手線テレビJR東日本石原良純羽鳥慎一玉川徹羽鳥慎一 モーニングショー変電所
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング