「ワクチン接種すべきだった」 コロナ感染し両肺移植を受けた男性が心境を告白

「感染くらい予防できるさ」。そう考えた男性が感染し、あっという間に重症化した。

話題

2021/06/23 10:30


 

■移植手術を経て…

肺移植待機リストに登録された男性は、4月に手術を受けて成功。回復には長い時間がかかったが、5月の下旬にようやく退院することができたという。

生きて帰ることができた男性はまさにラッキーで、新型コロナウイルス患者が非常に多い時期だったにもかかわらず、体外式膜型人工肺(ECMO)を装着できたこと、また手遅れになる前にドナーが見つかったことなども、回復につながったと伝えられた。


関連記事:ドナーの新型コロナPCR検査は「偽陰性」 臓器移植中に執刀医が感染で患者も死亡

 

■心境を告白した男性

4ヶ月におよぶ入院生活を経た男性は、メディアの取材に応じ「ワクチンを接種しておくべきでした」と後悔をにじませた。

「もしやり直せるなら、間違いなく接種していたさ」「みんな、どうか自分のご家族のことを考えてあげてほしい」「俺は家族に本当につらい思いをさせてしまったから…」ともコメントしている。

だが、ワクチン接種をどうすべきかにあたっては、当然ながらそれぞれの体調やアレルギーの有無などをしっかり考えておく必要がある。持病がある人、他にも心配な点がある人は、まずは医師にしっかりと相談するべきだろう。

・合わせて読みたい→田村淳、新型コロナ対策に疑問呈す 「何回目の正念場なんだろうか」

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

この記事の画像(1枚)