寄付に来た高齢者が「駐車違反」扱い 罰金支払いにモヤモヤする人が続出

理由はどうであれ、違反は違反。確かにそうなのだが、気の毒な気も…。

話題

2021/06/24 14:00

駐車違反
(yu-ji/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

寄付をしに行った場所で、ほんの数分のあいだ車を停めた高齢女性。すると「ここはダメ、駐車違反ですよ」と怒られ、罰金の支払いを命じられてしまった。

駐車してはいけない場所だったとはいえ、「もうちょっと考慮してもらえないもの?」と憤っているという。経緯とその後のやりとりについて、『Metro』などの海外メディアが報じている。



 

■寄付をしに向かった高齢者

イギリスで暮らす高齢女性(92)が、リンカンシャーにある有名ホスピスの活動を支援するため、施設を訪問することにした。

慈善寄付を行うのが目的だったが、長い距離を歩くのは困難なため、車を持つ友人(85)に運転を頼んで現地に向かうことに。「いつの日か贈呈しよう」と集めていた切手を用意し、さっそく現地に赴いたという。


関連記事:病院職員の「お産はまだ先」を信じた妊婦 真っ暗な駐車場で自力出産する事態に

 

■駐車をとがめられ…

到着すると、女性は車の中で犬と待つことにし、切手を託された友人が施設に向かった。

すると、駐車スペースで働く職員が車に接近。女性は事情を伝え「(友人は)すぐに戻ってきます」と伝えたが、「ここは駐車禁止の場所なんです」と言われ、日本円で5,300円超の罰金の支払いを命じられてしまった。

駐車した場所にははっきりと「駐車禁止」と書かれていたことから、寄付に来たという事情などは全く考慮されなかった。

次ページ
■「寄付しに行った」と手紙で抗議