生まれた女児の顔に13針縫う切り傷が… 緊急帝王切開の事故に家族が大ショック

生まれたての赤ちゃんの顔に、痛々しい傷が…。家族が受けた衝撃はすさまじかった。

2021/06/24 19:00

出産・分娩・帝王切開
(kumpolstock/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

赤ちゃんの誕生を喜んだ家族が、小さくかわいい顔に大きな傷ができていることを知り、ショックを受けた。治療を受けた赤ちゃんの様子、そして家族のコメントなどを、『KRON4』などアメリカのメディアが詳しく報じている。



 

 

■始まった帝王切開

アメリカ・コロラド州で暮らす女性が妊娠。その後「できたら自然な形で出産したい」と望んでいたが、15日には医師たちに「少しでもお産を早めたほうがいい」と判断される状況になり、薬を飲むことになった。

しかしそのわずか数分後、女性と赤ちゃんの状態を確認した医師たちはさらに「緊急帝王切開が望ましい」と判断。すぐに手術が始まった。


関連記事:ギャル漫画家・浜田ブリトニーが第2子出産を報告 直前で帝王切開を決意

 

■赤ちゃんは13針も縫う大けが

帝王切開のおかげで赤ちゃんは生きた状態で誕生したが、鼻の真横から片方の耳のすぐそばにかけて、大きな切り傷ができていた。

その傷を閉じるため13針も縫ったというが、想像さえしていなかった出来事に、家族は大きなショックを受けたという。

次ページ
■祖父母のショックも大きく

→Amazonで購入前にギフト券チャージ! ポイント最大2.5%還元

出産赤ちゃん家族帝王切開釈明切り傷顔面翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング