療養先から行方不明の大阪府のコロナ患者、6階窓をこじ開けて外出か 担当者に聞いた

「どうしてもホテルに居たくないのであれば、自宅に閉じこもってもらうしかない」と述べた。

話題

2021/06/24 10:25

大阪府庁

大阪府は22日に、新型コロナ患者の宿泊療養施設「アパホテル東梅田南森駅前」から20代男性が無断外出したと発表。24日午前9時現在、男性の行方はわかっていない。危機管理室災害対策課は「人混みに紛れるとほかの人への感染リスクがある」と警戒している。



 

■22日朝から連絡取れず

現在、大阪府では陽性患者について「入院・宿泊療養・自宅療養」のうち、どれにするかの判断は保健所が行っている。男性患者は今月19日午後4時頃ホテルに入所したという。

ホテルでは1日に2回、看護師が電話で健康観察を行っており、21日午後4時19分に連絡を取った時点では、部屋内におり変わった様子はなかったという。しかし、22日朝から連絡が取れなくなってしまった。


関連記事:新型コロナ感染をあえて告白した女性 「差別のない社会」への想いを直撃

 

■窓をこじ開けて外出

そのため、同日午後0時48分に部屋に入ったが、室内に患者の姿はなかった。また、部屋の窓は通常大きく開かないようになっているが、ストッパーが外されており、全開になっていたという。ここから何らかの手段で外出した可能性があるが、詳細は現在調査中。

保健所は、本人の立ち寄り先などに連絡を取って行方を探しているが、大阪府警への行方不明届提出も検討している。


■今回で5例目

大阪府では、宿泊療養施設からの行方不明者は今回で5例目で、過去4例については患者を見つけ出したという。

健康医療部の担当者は、しらべぇ編集部の取材に対して「人混みに紛れるのが一番まずい。どうしてもホテルに居たくないのであれば、自宅に閉じこもってもらうしかない」と述べた。

・合わせて読みたい→新型コロナ宿泊療養の食事費用っていくら? 自治体によってバラツキも判明

(取材・文/しらべぇ編集部・おのっち

この記事の画像(1枚)