「機内は鼻までマスクを」と注意された乗客 CAの前歯折りブラックリスト入り

ワクチン接種が進んでも、マスク着用を重視するアメリカの人々。61万人超の死者を出した国は真剣だ。

2021/06/26 11:00

飛行機・乗客・マスク
(Blue Planet Studio/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

飛行機がいったん離陸したら、逃げ場がなくなる空の旅。このコロナ禍にあって、広いとは言えない機内の空間を、何時間にもわたり多くの人と共有することに、神経をとがらせる人はやはり多い。それをうまく収めるのも客室乗務員の仕事だが、アメリカの上空ではとんでもない事件が起きていたようだ。『World Meters』や『Metro』など海外のメディアが伝えている。



 

■鼻出しマスクで口論に

ワクチン接種率が上がるにつれ、昨年とは比較にならないほど、空の旅の利用者が増えているアメリカ。しかし、マスクを正しく着用しない客が周囲から厳しく注意され、口論に発展するなど、トラブルになることも少なくない。

このたびの事件は、カリフォルニア州のサクラメント国際空港を飛び立ち、サンディエゴに向かったサウスウェスト航空のフライトで起きた。


関連記事:飛行機内で死亡した遺体はどうなる? 現役CAが驚愕の事実をTikTok投稿

 

■マスクを注意され逆ギレ

飛行機がいよいよ目的地に近づくと、ある座席で女の乗客が酒臭い息で呼吸し、マスクから鼻を出すようになっていた。

周囲が不快感を示していることもあり、女性の客室乗務員が彼女に近づき、「ルールを守り、きちんとマスクで鼻を覆ってください」と注意。すると女は逆ギレし、5分ほど言い争った後、大きく腕を振り上げたという。

次ページ
■ブラックリスト入り

→Amazonプライム会員だけが参加できる年に一度のビッグセール「プライムデー」7月12、13日。初回会員登録は30日無料。

CAアメリカ飛行機飲酒マスクアルコール客室乗務員暴力アメリカン航空ワクチンブラックリストサンディエゴサウスウェスト航空新型コロナウイルスコロナ禍接種翻訳記事変異株デルタ株サクラメント鼻マスク空港警察
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング