玉袋筋太郎、『アタック25』終了を惜しむ 素人参加クイズ番組の減少に嘆きも

テレビ朝日系列の人気クイズ番組『アタック25』の終了に、『バラいろダンディ』出演者が惜しむ声を上げた。

テレビ

2021/06/26 01:40

玉袋筋太郎

25日放送の『バラいろダンディ』(TOKYOMX)で、玉袋筋太郎とライムスター宇多丸がテレビ朝日系列の人気クイズ番組『アタック25』の終了を惜しんだ。



 

■『アタック25』が終了

番組は1975年にスタートした人気クイズ番組『アタック25』が今秋で終了するニュースを紹介。発表によると、後番組は若年層をターゲットにしたものになるのだという。

宇多丸は「マジかよって感じですね。谷原(章介)さんもすごい良かったよ。良いなと思って見てたんで」と話す。

そして「民放のクイズ番組の昔からあるやつの良心というか、正統派クイズ番組ですよね。あと、出場者にキツイことを言うじゃないですか、普通に。それが良いですね、『あ、そこにいってしまわれましたか』とか」と魅力を語った。


関連記事:玉袋筋太郎、『バラダン』新MC原田龍二にジャブ 「俺は忘れてないぞ」

 

■素人参加型番組の減少を嘆き

玉袋は「日曜日の昼間のちょうどエアポケットな感じの時間帯に、あの番組がやっているのが、好きだったんですよ。『新婚さんいらっしゃい』からつながっていく感じのね」と話す。

そして「素人が出てくるクイズ番組、もうなくなるでしょ。昔はいっぱいあったわけじゃない。『アップダウンクイズ』『クイズダービー』だとかね。あとはタレントがクイズに答えていく番組になっちゃったもんね」と語る。

話を聞いた宇多丸は「なんか、そんなんばっか、どうかなあ?」と疑問視した。

次ページ
■終了は「ちょっと残念」