コロナ変異株「ラムダ」南米で猛威 ワクチン効果の疑問にWHOの専門家は…

これから真冬を迎える南米。さらに強力な感染力を持つ変異株が出現する可能性は、十分にあるという。

2021/06/26 11:25

Tedros Adhanom・WHO・テドロス

ヒトの体に侵入しやすくなるよう、株を進化させながら感染拡大を図るウイルスたち。新型コロナウイルスの次々と現れる変異株も、その最たるものだ。

欧州ではデルタ型に「デルタ・プラス」が加わり、さらに世界保健機関(WHO)の最新の注目対象は、南米で出現した「ラムダ型」だという。



 

■WHOもラムダ型に注目

WHO(世界保健機関)は今月14日、「注目すべき変異株」という項目に、ペルーを中心に南米で猛威を振る始めたラムダ型変異株(Lambda variant)を追加した。

新型コロナで19万人超の死者を出しているペルーは人口3,340万人。204万人が感染と報告されているが、検査を受けていない無症状感染者はこの何倍もいると考えられている。

ラムダ型では、細胞との接続部分にこれまでの株にはみられない変異が確認されているといい、「これまでのワクチンで効果があるのか」という懸念の声が世界からあがっている。


関連記事:G7開催地でコロナ感染者いきなり5倍増 五輪もやはり「関係者」に警戒を

 

■南米で猛威

ドイツの国営メディア『DW(ドイチェ・ヴェレ)』は、ラムダ型は南米の7ヶ国を中心にすでに29ヶ国で検出されているとし、特に深刻なのは昨年8月に初めてラムダ型が確認されたペルーだと伝えている。

ここにきて死者が急増しているペルーでは、新規感染者の8割以上からラムダ型が検出されており、アルゼンチンでは4割弱、チリでは新規感染者の3割強。ほかに、ブラジル、コロンビア、エクアドル、メキシコでも急速に広がっているという。

次ページ
■「ワクチン接種しかない」

→【Amazonタイムセール祭り開催中】食品10%ポイント還元キャンペーン同時開催 5月30日23時59分まで

ペルーWHOワクチン南米新型コロナウイルス感染拡大世界保健機関翻訳記事変異株ラムダ型デルタ型
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング