燃える車から重傷者を救出した英雄に称賛の声 「母性本能に突き動かされた」

炎上中の車の中にいた重傷者。その人物を命がけで救ったのは、勇気ある女性だった。

社会

2021/06/28 11:00

炎上する車
(madsci/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

事故を起こして爆発しかけている車を発見し、すぐさま運転手の救出を決意した若い美女。異常事態に直面しながらも冷静な判断、そして勇気ある行動で人命救助に見事に貢献したことを、『Fox News』などアメリカのメディアが報じている。



 

■炎上する車を発見

つい先日のこと、アメリカ・ジョージア州でウェイトレスとして働くキーリン・ハーパーさんが仕事を終え、生後14ヶ月の娘が待つ家に向け車を走らせていた。

しかし午後9時30分頃、幹線道路の脇で何かが燃えていることに気づいた。気になったため様子を確認しに行くと、燃えていたのは車で、前方にはすでに火がまわり車内には煙がたちこめていた。


関連記事:生命保険金ほしさに… 6歳の我が子を薬物で殺害した母親を逮捕

 

■重傷女性を救出

ハーパーさんは「怖い…」と思いはしたものの、「ここには私しかいない」と考えて覚悟を決め、まずはドアを開けてエアバッグを速やかに除去。その下を確認し、重傷を負い苦しんでいた女性・アシュリーさんを発見した。

このときアシュリーさんは運転席から出るに出られぬ状態だったため、ハーパーさんは助手席側から救出を試みた。炎が迫るなか大急ぎでアシュリーさんの両腕をつかみ、「このままだと爆発しちゃう」「だから今すぐ出ましょうね」と声をかけて、車の外に引きずりだしたという。

次ページ
■「母性本能で助けた」