『イッテQ』宮川大輔、あえて「フレームの大きいメガネ」を選ぶ理由明かす

宮川大輔さんが「フレームの大きいメガネ」を選ぶ理由とは? 番組内で体験した「メガ盛り」イベントでは驚きの大記録も誕生。

テレビ

2021/06/28 12:30

宮川大輔

27日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)に、お笑いタレントの宮川大輔が出演。「メガネのフレーム」のこだわりについて明かす一幕があった。



 

■フレームで「散らす」効果?

同日の放送では、日本で製造するメガネフレームの約8割を生産している福井県鯖江市を訪れ、同市で年に一度開催されている「メガネフェス」内のイベントを体験することとなった宮川。

自身もメガネがトレードマークとなっているだけあって、いっそう気合が入る宮川は、同市の福井県眼鏡協会の担当者と顔を合わせると、「良いフレームですね! こだわりを教えてください」とメガネトークも弾む。

その中で宮川は、「結構、顔(のパーツ)が集中しているんですよ、真ん中に。だから、ちょっと散らしてやる意味でも、ちょっと大きなフレーム」と、顔のパーツとのバランスを考えるという意味も含めて、フレームの大きいメガネを選んでいると明かした。


関連記事:『イッテQ』宮川大輔を支えたスタッフたちに反響 「仕上がってる」

 

■イベントでは大記録

その後、制限時間内にどれだけ多くのメガネをかけられるかを競う、メガネフェス内のイベント「メガ盛り」を体験した宮川は、「1分間で31枚」という大記録を叩き出す。

これにはインターネット上でも、「めが盛りめっちゃ白熱した!」「久しぶりに腹抱えて笑った」「宮川大輔さんのメガ盛りめっさ盛れてたなぁ やったことあるけどそんなにかけれなかったよ」など、視聴者から多くの反響を呼んでいる。


■改めて宮川の大記録を絶賛

番組放送後には、メガネフェス公式ツイッターも反応。改めて「1分間で31枚」という宮川の大記録を絶賛している。

また、番組の放送を受けてツイッター上では「日本のお祭りをこうやってフィーチャーするのもいいね!! 人生の半分以上メガネかけてる身としては鯖江行ってみたい!」という声もつぶやかれており、安心して旅行が楽しめるようになる頃には、さらにイベントが盛り上がりそうだ。

・合わせて読みたい→『イッテQ』内村も驚くイケメン新人に大反響も… 一部では複雑な声

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい