アストラゼネカワクチンはデルタ株に効果60% カナダは「2回目接種はファイザーを」

日本では、ファイザーやモデルナの在庫が尽きれば、アストラゼネカに切り替わる可能性があるが…。

2021/06/28 15:30


 

■インド製ワクチンも低評価

インドのメディア『INDIA TODAY』は数日前、自国で製造された新型コロナワクチンの1つで、アストラゼネカ製と同種の「コビシールド(Covishield)」についても不安があると伝えていた。

アメリカにおける新型コロナウイルス研究の第一人者で、米国科学者連盟(The Federation of American Scientists 略称:FAS)に名を連ねるエリック・フェイグル=ディン博士が、「デルタ株について、アストラゼネカとコビシールドの両ワクチンは、2回接種が完了しても効果はわずか60%。

1回の接種では33%」と論じたという。ワクチンの種類にかかわらず、インドで2回接種を受けた人はまだわずか3.7%だ。


関連記事:ワクチン1回接種後にコロナ感染した女性 「3ヶ月後にまた2回接種」と説明

 

■デルタ株はファイザー2回接種でも感染

デルタ株の感染力はすさまじい。人口の6割近くがワクチン接種を2度完了したイスラエルでは、デルタに感染した成人の約半数が、ファイザー製ワクチンを2度接種していたという。

日本では、ファイザーやモデルナの在庫が尽きればアストラゼネカに切り替わる可能性があるというが、集団免疫の獲得を目指す以上、真に効果を発揮するワクチンであることが重要だ。

このたびのカナダの方針転換から考えても、既存のアストラゼネ製ワクチンはすでに魅力が半減したと考えるべきではないだろうか。

・合わせて読みたい→「ワクチンで安全安心な五輪」はもう通用しない 接種完了者のデルタ株感染相次ぐ

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

→Amazonタイムセール祭り 2/2(木)9時スタート 目玉商品を事前公開!

インドワクチン血栓症新型コロナウイルス接種翻訳記事変異株アストラゼネカファイザーモデルナmRNAワクチンデルタコビシールド
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング