アストラゼネカワクチンはデルタ株に効果60% カナダは「2回目接種はファイザーを」

日本では、ファイザーやモデルナの在庫が尽きれば、アストラゼネカに切り替わる可能性があるが…。

2021/06/28 15:30

新型コロナウイルス・ワクチン・コロナ・新型コロナ
(Inside Creative House/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

アストラゼネカ製新型コロナワクチンについては、接種後の血小板減少症を伴う血栓症が相次いで報告されたことで、接種を見合わせる国がますます増えている。

またインド型変異株「デルタ」の出現で、予防効果そのものへの疑念も深まってきた。そんな中、カナダで大きな方針の転換があったようだ。



 

■「次はmRNAワクチンを」

カナダの国家予防接種諮問委員会(The National Advisory Committee on Immunization 略称:NACI)が、新型コロナウイルスワクチンに関するガイドラインを更新したと、『JETRO』などが伝えた。

「1回目の接種がアストラゼネカだった人でも、2回目の接種はファイザーかモデルナのmRNAワクチンを」と勧告したというのだ。


関連記事:新型コロナワクチン“副反応”などの実態とは 接種した米国在住日本人医師に聞いた

 

■原則は「同じワクチンを」

カナダでは5月中旬から多くの州でアストラゼネカ製ワクチンの接種をストップしていたが、それでも他国と同様に「1回目と2回目のワクチンは同じ会社のものを」と示してきた。

しかしNACIは「2回ともアストラゼネカ製ワクチンを打つより、2回目をmRNAワクチンに換えた場合、より望ましい免疫反応が得られるというドイツの報告がある」との理由を挙げ、カナダ政府は今はmRNAワクチンの入手にこだわっているとした。

この方針転換は、アストラゼネ製カワクチンの接種を中断している他の国々にも影響を及ぼす可能性がありそうだ。

次ページ
■インド製ワクチンも低評価

「楽天スーパーSALE」約200万点が半額以下&ポイント最大43倍 ふるさと納税でお得に

インドワクチン血栓症新型コロナウイルス接種翻訳記事変異株アストラゼネカファイザーモデルナmRNAワクチンデルタコビシールド
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング