IOC会長らの広島・長崎訪問に批判の声も 「偽善者が平和を語るジェスチャー」

広島と長崎にそれぞれプライベートジェットで…? 膨大な経費がかかることはお構いなしなのだろうか。

2021/06/29 18:25

オリンピック・東京五輪

IOC国際オリンピック委員会のトップ2が、東京五輪での来日に絡め、広島や長崎を訪問する予定だという。さっそく世界の大手メディアがその件について伝えているが、コメント欄を見る限り、多くの人が「どこまで日本に迷惑をかける気なんだ」とあきれているようだ。



 

■お決まりの「スポーツの力で…」

IOCの“ぼったくり男爵”ことトーマス・バッハ会長。そして“はったり男爵”ことジョン・コーツ副会長。この2人が、7月16日に原爆が投下された広島や長崎を訪問することを希望し、日本政府はその日程で調整を進めている。

リレハンメル冬季五輪の1年前からざっと30年近く、五輪開催に合わせて国連総会で「オリンピック休戦決議/スポーツとオリンピックの理想を通じた平和でより良い世界の構築」が採択されてきた。そのスタートが7月16日だそうだ。


関連記事:太田光、批判浴びるIOCの発言に理解 「責任は日本に」「彼らをかばわなきゃ」

 

■今は「平時」ではない

平時であれば、五輪の開催はもちろん、IOCのトップが広島や長崎を訪問することは、多くの日本人にとって喜ばしいことだっただろう。

だが世界の394万人が新型コロナウイルスで命を落とし、変異株の出現に苦しめられているなか、何がなんでも東京五輪を開催し、感染すれば自己責任でというIOCの冷酷な態度には、反感が強まるばかりだ。

次ページ
■批判で沸く世論

Amazonブラックフライデー開催中! あれもこれも驚き価格のビッグセール

スポーツ広島経費平和オリンピック東京オリンピックおもてなし東京五輪原爆長崎プライベートジェットトーマス・バッハ新型コロナウイルス翻訳記事ジョン・コーツぼったくり男爵はったり男爵オリンピック休戦決議
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング