千鳥・大悟、高校時代の珍行動を懺悔 「先輩のグローブを部室のレンジで…」

野球部出身の千鳥・大悟が、先輩のグローブにとんでもないことをした過去を『アメトーーク!』で懺悔した。

テレビ

2021/06/29 22:55

千鳥・大悟

29日に放送された『アメトーーク!』(テレビ朝日系)3時間SPの「元野球部芸人」に、お笑いコンビ・千鳥の大悟が出演。高校時代、先輩部員に隠していた非礼を懺悔した。



 

■高校時代のエピソード

小・中と地元の小さな島の野球部に属し、高校でも岡山の野球部に入ったという大悟。入部当初は一番ヘタだったが、3年夏にはショートでレギュラーの座を掴むまでに成長したという。

「野球部の思い出あるある」では、軟式から硬式への変化に衝撃を受けたと回顧。併せて、「あとない? 先輩のグローブへの憧れ」「あのショートのあの人のグローブ使ってみてぇなって」と先輩の道具に関するエピソードを明かし始めた。


関連記事:千鳥・大悟、先輩に失礼な態度をとるノブにガチ説教 「あれはアカンで」

 

■先輩のグローブを…

大悟は「2年3年だけ帰って、1年だけ残るの。そんなら、先輩のグローブを使って『うわ! ちゃうなー』言うて」と、先輩の下校後、こっそりグローブを拝借したことを振り返る。

しかし、続けて「やったグローブを、ワシそのままグラウンドに置いて…」と、置きっぱなしで帰ってしまったことを明かした。これに気づいたのは就寝中で、外から聞こえる大雨の音で思い出したのだという。

当時の心境について、大悟は「これはもう、1人では絶対に解決できないと。1年全員で集まって、『やってしもうたどころじゃないなこれは』って。ほなみんなも『これヤバい』」と語った。


■1年全員で編み出した策は…

そして、「高1のみんなが考えて出した結果が、ズブ濡れの先輩のグローブを… 部室のレンジでチンしたんですよ」と、温めることで水気を飛ばしたと告白。

スタジオが爆笑すると、大悟はさらに「チンしたら… 真っピンクになった」「黒やけど、もう新巻鮭みたいな」とグローブの変化を語って笑いを誘う。しかし、先輩は何事もなかったかのように振る舞ってくれたそうで、最後は「あのときはすいませんでした」と頭を下げたのだった。

・合わせて読みたい→大悟、10年前の妻との約束に感動の声 スタジオからも「いいエピソード」

(文/しらべぇ編集部・玉山諒太