小学生でママになった少女たち イギリスでは今月上旬に11歳で出産

家族にも知らせぬまま母親になった11歳の少女。育児の指導や、十分な精神的ケアが必要な状態だという。

2021/07/01 06:30

少女・赤ちゃん・抱っこ
(PhotoAlto/Anne-Sophie Bost/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

イギリスで最近、11歳の少女が赤ちゃんを出産した。思春期の少女たちは近年どんどん体格が良くなっており、体重の増加は女性ホルモンの分泌と性の早熟につながるという。驚きの事実を『The Sun』『NEW YORK POST』ほかの海外メディアが報じ、波紋を広げている。



 

■家族は妊娠に気づかず

今月上旬、赤ちゃんを出産したというイギリスの11歳の少女。すでに親子とも自宅に戻っており健康状態は良好だが、家族は『The Sun』とのインタビューで「妊娠しているとは知らず、大変なショックを受けた」などと話している。妊娠したとき少女は10歳だったそうだ。

この少女は妊娠30週を経過していたにもかかわらず、家族が妊娠に気づかなかったことから、肥満の傾向があったのかもしれない。


関連記事:15歳少女が子守中に自宅出産 赤ちゃんの存在隠しゴミ箱に遺棄か

 

■幼い妊娠・出産は危険

イギリスでは2014年に13歳少年と12歳少女が親になり、「イギリスの最も若い両親」として話題をさらっていた。だが多くのメディアが今、このたびの件もあわせ、幼い年齢での出産にはトラブルがつきものだと伝えている。

骨盤が小さすぎるうえ、感染症を起こすリスクが高く、早産、低体重、そして妊娠中に高血圧やタンパク尿が生じる子癇前症 (しかんぜんしょう)を起こす例が多いためで、産婦人科医たちは警鐘を鳴らしているというのだ。

次ページ
■世界では5歳や9歳での出産も

「楽天スーパーSALE」約200万点が半額以下&ポイント最大43倍 ふるさと納税でお得に

母親出産思春期妊娠育児ギネスブックイギリス少女性犯罪強姦早熟ギネス世界記録翻訳記事性暴行世界最年少子癇前症
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング