アンミカ、極貧学生時代にプレゼン力を磨く お好み焼き食べる友人の横で醤油を焼き…

通販番組などで高いプレゼン力を発揮するアンミカだが、その原点は学生時代のお好み焼き店にあって…。

2021/07/01 07:30

アンミカ

30日放送『ホンマでっか!? TV』(フジテレビ系)にモデル・アンミカが登場。通販番組などでも大活躍する彼女が、現在の高いプレゼン力を得るに至ったエピソードを披露し大きな反響が起きている。



 

◼貧しかった芸能人

アンミカやかまいたち・濱家隆一ら、生活が厳しい幼少期を過ごした芸能人が集結したこの日。「昔、貧乏だったせいで全然贅沢が楽しめません」と声を揃えて、極貧時代のエピソードを明るく振り返っていく。

そのなかでも別格の貧乏エピソードを語ったのがアンミカ。「6歳ごろ、早朝の市場に連れていかれて捨ててある野菜を拾っていた」「4畳半に7人で住んでいた」と語り、共演陣からも「強すぎる」「ムリでしょ」と悲鳴が上がった。


関連記事:アンミカ、小池都知事の“疲れたよと言わないで”発言に指摘 「これは…」

 

◼当時の食生活

濱家は「貧乏だったせいで周りとごちそうの感覚が違う」と回顧。おやつはダシを取るための小魚・いりこ、戦時中・戦後の食べ物・すいとんが主食の苦しい食生活だったと明かす

EXIT・兼近大樹はティッシュを細くちぎってマヨネーズを付けたものがおやつ。アンミカは、肉汁したたるハンバーグを親戚宅ではじめて食べたのだが、「汁出てきた。血が出てる」と勘違いして吐き出したと力説した。

次ページ
◼アンミカの原点は…
テレビ食事学生時代貧乏プレゼンアンミカかまいたち通販番組濱家隆一ホンマでっかTV
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング