各地で大雨に警戒 新しい「避難情報のガイドライン」を改めて確認

突然、聞き慣れない避難情報が発表され慌てないために、新しくなった避難情報のガイドラインを改めて確認しておこう。

2021/07/01 14:15


 

■およそ10人に1人が災害で避難経験

ちなみに、しらべぇ編集部が全国の10代~60代の男女1,733名を対象に「自然災害」に関する意識調査を実施したところ、全体で11.6%の人が「自然災害で避難した経験あり」と回答。

自然災害で避難した経験があるグラフ

これまで大きな自然災害を経験したことがないという人も、改めて、いざというときの備えをしておくことは重要だ。


関連記事:「自然災害で避難の経験」最も多いのは30代男性 会社で地震が起きて

 

■停電したときに役立つ豆知識も

『東京防災』簡易ランタンの作り方

避難情報などが発表されていない場合でも、大雨や落雷などにより停電が発生する可能性も。『東京防災』には、その場合に役立つ情報も掲載されていた。懐中電灯をそのまま使用するよりも、写真のように懐中電灯にビニール袋を被せると…

『東京防災』簡易ランタン

光が拡散され、簡易ランタン代わりになる。こうした豆知識も、ぜひ覚えておいてほしい。

・合わせて読みたい→宮根誠司、福島沖の地震に心痛 「間もなく10年と思っていたところで…」

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

→Amazonタイムセール祭り開催中~2月5日23時59分まで

大雨防災防災グッズ気象庁線状降水帯避難指示警視庁警備部災害対策課国民安全の日
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング