「10代息子と一緒にAV鑑賞」と告白した美人歌手 その深い訳に称賛の声も

最近のAV作品は過激なものが多い。だからこそ「一緒に観て大切なことを教える必要がある」と彼女は主張する。

2021/07/02 11:30

パソコン・スマホ・親子・母・息子
(Michel PERES/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

インドネシアで不動の人気を誇っている歌手のユニ・シャラさん。彼女がこのほど「息子たちがAV鑑賞をするときは、私も一緒よ」と発言した。彼女にはちょっとした信念があり、誰に批判されようと方針を曲げる気はないそうだ。

オーストラリアの『7News.au』やイギリスの『The Sun』など、海外のメディアが続々と報じている。



 

 

■インタビューで激白

ナイスバディの超美人歌手として人気を博し、 インスタグラムには480万人のフォロワーを持つユニ・シャラさん。バツ2で49歳の彼女には、キャヴィン・オブリエント・サロモ・シアハーンさん(19)と、セロ・オブリエント・シアハーンさん(16)という2人の息子がいる。

彼らの頼もしい成長ぶりが人生の生きがいだというユニさんが、このほどYouTubeにアップされたインタビューで息子たちについて驚きの告白をし、インドネシアの人々を仰天させた。


関連記事:和地つかさ、セクシー女優の唯井まひろと対談 業界の「裏常識」を語る

 

■「気色悪い」という批判も

インタビューのなかで、「私は息子たちと一緒に定期的にAV鑑賞をするの。そういうものを観ちゃダメなんて言ったところで、誰もが必ず観る時代だもの」と発言したユニさん。その話をすると、「気色悪い変な母親」だと批判されることもあるという。

息子たちも気まずい思いをしているのかもしれないが、ユニさんにその方針を曲げる気はない。愛する息子がコソコソと観るのは嫌といった気持ちからではなく、「大切なことを学んでほしいからです」と説明する。

次ページ
■女性の立場で性教育
離婚歌手AVYouTube夫婦生活インドネシア息子アダルトビデオ性教育誤解アブノーマルバツ2心理学者セックスAV鑑賞翻訳記事ユニ・シャラメイクラブ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング




生きてない