素直に謝れないの? ウソがバレたときに彼氏の取った最悪な対応

悪気なくついたウソでも、バレたときには対応力が求められる。変な対応をされるくらいなら正直に言ってほしかったと思うことも。

2021/07/03 11:30

スマートフォンの画面を男性に見せる女性
(yamasan/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

大好きな恋人にウソをつかれた経験はないだろうか。バレるようなウソならそんなことを言わなければいいのにと思う一方で、バレたときにひどい言い訳をされることも。

そこで、しらべぇ取材班が「ウソがバレたときに彼氏が取った最悪な対応」について話を聞いた。



 

①完全に開き直る

「『仕事が忙しいから』と言って、直前になってデートをキャンセルしてきた彼氏。しかしその日の彼氏は残業もせず、すぐに家に帰っていたんです。疲れていたため、デートをしたくなかったらしくて…。


そのことを彼氏に問いただすと、『気を使っただけなのに、そこまで責められても困る』と開き直られました。素直にウソをついたことを謝ってくれたら、そこで話も終わるのに…」(20代・女性)


関連記事:はっきり言ってよ… 別れたがっている彼氏のドン引き行動

 

②見苦しい言い訳を続ける

「私にはずっと『男性のいる集まりには参加するな』と言っていたのに、彼氏が合コンに参加していたことが発覚したんです。人のことを束縛しておいて、自分はいいなんてずるいと思いました。


しかも彼氏は『女性がいるなんて聞いてなかった』など、見苦しい言い訳を続けていて…。言い訳するくらいなら、私に対する束縛を緩めてほしいと思ってしまいました」(20代・女性)

次ページ
③人のせいにする

→Amazonプライム会員だけが参加できる! 年に一度のビッグセール「プライムデー」7月12、13日。初回会員登録は30日無料。

恋愛恋人彼氏うそ言い訳逆ギレ人のせい開き直るバレる
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング