企業の採用面接 応募者に「ワクチン接種の有無」を聞いても問題ない?

面接で、企業側が応募者の新型コロナワクチン接種の有無を確認することは問題ない? 配慮すべき点などを弁護士が徹底解説。

2021/07/05 09:00

就職活動のイメージ
(Promo_Link/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

日本でも新型コロナウイルスワクチンの接種が進んできた中、「ワクチン接種の有無」について確認される場面は、今後増えてくるかもしれません。

たとえば就職・転職活動において、企業側が応募者のワクチン接種の有無を確認したい場合、どのような点に配慮が求められるのか…本記事では弁護士が解説します。



 

■面接で接種の有無を聞くことは可能?

今後転職を考えられる方も多いかと思いますが、企業は面接時、採用候補者のワクチン接種有無を確認することは可能なのでしょうか。齋藤健博弁護士によると…

齋藤弁護士:可能です。企業内の自衛手段として、新たな仲間を迎え入れるにあたって既存授業院に配慮する観点から確認することは許されるでしょう。


関連記事:ノンスタ井上、父親が新型コロナワクチン接種 「何事もありませんように」

 

■「OKな聞き方」模範解答

しかし、ワクチン接種の有無というのは大変デリケートな問題であり、確認する際には配慮が求められます。齋藤弁護士に聞いた「OKな聞き方」の模範解答例がこちら。

OKな聞き方例:弊社では、ワクチン接種をしているかどうか、就労環境配慮の観点から事前にお聞きしています。この点については、個人の思想良心ともかかわる問題ともいえるので、答えたくない場合にはその旨ご指摘ください。


ただし、既存従業員の安全確保の観点から、うかがうものです。プライバシーの問題も生じうる質問ですので、お答えしたくない場合には、やはり事前にその旨ご指摘いただいて構いません。


次ページ
■絶対NGな聞き方は…

Amazonブラックフライデー開催中! あれもこれも驚き価格のビッグセール

弁護士法律コラム就職活動プライバシーの侵害齋藤健博新型コロナウイルス新型コロナウイルスワクチン
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング