霜降り明星・粗品、R−1に並々ならぬ思い入れ 「僕の大会に来てくれた」

『R−1グランプリ』について、優勝者でMCも担当した霜降り明星・粗品の本音が漏れて…。

テレビ

2021/07/05 07:45

霜降り明星・粗品

4日放送『爆笑問題&霜降り明星のシンパイ賞!!』(テレビ朝日系)に、霜降り明星の粗品・せいやと私生活でも仲の良い女ピン芸人・ヒコロヒーが登場。粗品の『R−1グランプリ』への本音を暴露し、大きな話題を集めている。



 

◼ヒコロヒーが暴露

芸人が「過去に発したシンパイな名言」をその場にいた本人が再現する人気企画『シンパイな名言図鑑』をこの日は放送。ヒコロヒーが、酒の席での「熱い粗品が垣間見えた発言」を再現していく。

「これから先、どんな芸人になっていきたいとかある?」と聞かれ、「家賃さえ払えればイイ」と返したヒコロヒー。すると粗品は「そんなわけないやろ。お前はそんなところで終わるヤツちゃうやろ」と葉巻の煙をくゆらせたと明かす。


関連記事:霜降り・せいやが60万円貸した女芸人 その借金「目標額」がぶっ飛んでいた

 

◼粗品の名言?

この粗品の名言だが、ヒコロヒーは「(心に響くような名言は)あんまりなんにもなかった」と苦笑。爆笑問題・太田光も「会話を止めた割には?」、相方のせいやも「後輩に1個目に言うやつや」と粗品にツッコむ。

さらにR−1で敗退したヒコロヒーが「決勝に出られへんかった。今度ご飯行くときまでには立ち直っとく」と粗品に連絡をしたさいに、「立ち直っとかんでええよ」と返信があったと暴露。これにも太田は「ちょっと意味がわからない」と首をかしげた。

次ページ
◼ R−1への本音