豊胸にハマった女性が総額460万円でOカップに 「着せ替え人形みたいになりたい」

誰にでもあるコンプレックス。それで人生が大きく変わってしまう人も…。

2021/07/06 11:30

豊胸手術・豊胸

長年のコンプレックスを解消すべく、オーストリアの女性が豊胸手術に挑戦した。仕上がりに満足したものの、少しすると「もっと、もっと」という気持ちに。すっかり病みつきになり、驚きのOカップにまで変貌を遂げたことを、イギリスの『Mirror』ほか海外メディアが報じている。



 

 

■両親が貯めてくれたお金を…

オーストリア・ウィーン在住のジェシカ・バニントンさん(20)は、昔から小さなバストがコンプレックスだった。だが両親は厳しく、お年頃になっても化粧は許されない。

また歯に矯正器具をつけ、メガネをかけた姿を「貧乳」「ダサい」と同級生からからかわれ、外見へのコンプレックスは膨らむばかりだったという。そして18歳になったジェシカさんは、両親が車を買うために貯めておいてくれたお金を受け取ると、豊胸手術を受ける決心をした。


関連記事:歯列矯正中の美容整形手術で敗血症に? 20代女性の死で歯周病に注目集まる

 

■豊胸手術が自信に

それがきっかけで両親とは絶縁してしまったものの、豊胸手術が強い自信につながった彼女は、アダルト動画に出演。お金を稼いでは、次々と整形手術の費用に充てた。

唇のフィラー注入、ヒップリフト(お尻に脂肪を注入しする豊尻術)、あごの脂肪吸引、顔面ボトックス注射、さらに2回目の豊胸手術を受けたという。

こうして現在、バストがOカップにまで変貌を遂げたジェシカさんは、「私の体への手術に終わりはないの」と宣言。ここまで総額460万円も投じたが、外見が変わった自分自身を鏡で見ては大満足。すっかり美容整形のとりこになってしまったそうだ。

次ページ
■「巨大な唇が大好き」

→【Kindle本 最大60%OFF】 2022年目標応援セール

セクシーバストコンプレックス貧乳脂肪吸引オーストリア整形手術バービー人形アダルト動画フィラー豊胸手術翻訳記事ボトックス注射ヒップリフトキャットアイリフト
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング