弁当持参の不審者が庭に無断侵入 不快感覚える女性に「安全第一」のアドバイスも

「過ごしやすそうな場所だから…」。そんな気持ちから、勝手に他人の庭に侵入する厚かましい人もいる。

2021/07/07 10:30


 

■「証拠を残して」とアドバイスも

この書き込みを見た人たちの中には、「人気のある散歩道の近くで暮らしていたため、同じような経験をした」と書き込む人もいた。また「侵入者に飲み物を提供し、お金を支払ってもらった」といったコメントもあったが、侵入者が危険人物でないとは言い切れない。

そこで安全確保を第一に考えたユーザーも少なくはなく、「とにかく家に入り鍵を閉め、通報してほしい」「写真か動画で侵入者がいた証拠を残しておくといい」という貴重かつ有益なアドバイスも確認できた。


関連記事:愛犬誘拐で毒塗りの骨と脅迫状が届く 「お宅の犬は吠えすぎだから死んでもらう」

 

■日本でもある類似ケース

他人の敷地と知りながら、堂々と立ち入る人はいる。日本でも建築中の住宅に無断で見学人が立ち入った、「近道だから」と庭を勝手に横断された、庭に知らない人が立っていたといった話は珍しくない。

庭が広く柵などがない場合、誰にでも見える場所に「私有地」と示す看板を立てる、防犯カメラを設置する、また普段から戸締まりに気をつけるなどして、万が一に備えたい。それでも不審者が出没した場合には、危険人物である可能性も考え、とにかく通報したほうが安心だ。

・合わせて読みたい→屋根裏に隠れていた不審者の存在に気づいた女性が震撼 「まるで恐怖映画」

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

→最大60%OFF Kindle本ビジネス書キャンペーン 対象2,000冊以上!

注意侵入防犯対策アドバイス証拠ピクニック敷地私有地翻訳記事Mumsnet安全確保
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング