大谷翔平選手が自己最多4勝目&週間MVP 異次元の活躍に「唯一無二の存在」

自己最多に並ぶ今季4勝目&週間MVPを獲得した大谷翔平選手。7月も大車輪の活躍をみせる。

大谷翔平

ロサンゼルス・エンゼルスに所属する大谷翔平選手は6日(日本時間7日)、本拠地エンゼル・スタジアムで行われたボストン・レッドソックス戦に先発登板し、自己最多タイの4勝目となった。



 

■7回無四球の好投

「2番・投手」で先発出場した大谷選手は、初回に犠牲フライで1点を失うものの、その後は安定した投球をみせて7回5安打4奪三振無四球2失点。これまで四球からの失点というパターンが多かっただけに、無四球で7回を投げたのは大きな収穫といえる。

注目の打撃に関しては、初回無死2塁のチャンスでライトに同点タイムリー2塁打を放ち、試合を振り出しに戻す活躍。この日は4打数1安打1打点でお役御免となった。


関連記事:大谷翔平選手、2試合連続の本塁打にファン驚愕 「あれを打たれたらお手上げ」

 

■大車輪の活躍にファンからは…

投げては4勝目、打っては31本塁打と大車輪の活躍。6月28日から7月4日までの成績は打率2割8分6厘、6本塁打、8打点、1盗塁で、ア・リーグ週間MVPを獲得した。

そんな大谷選手に対してファンは、「百年に1度の逸材だ」「唯一無二の存在」「驚きを隠せない」「格が違う」「打者として週間MVPになって、今日先発で7回無四球2失点はすごい」など絶賛の声が続出。

【動画】週間MVPを獲得した大谷選手の活躍シーン


■6月の月間MVPも獲得

じつは週間MVPは今季2度目。前回は6月に受賞し、打者として7試合で2割9分6厘、6本塁打、9打点。また、それだけにとどまらず6月の月間MVPにも輝いており、打率3割9厘、13本塁打、23打点、4盗塁を記録した。

この期間は、ニューヨーク・ヤンキース相手に2打席連続本塁打を記録するなど、われわれファンを驚かせ続けた大谷選手。「ほぼ毎日ホームラン打ってたからな…」と感じていた人も多いことだろう。

次ページ
■大活躍をみせる大谷選手

Amazonブラックフライデー開催中! あれもこれも驚き価格のビッグセール

MLB大谷翔平MVPボストン・レッドソックスロサンゼルス・ドジャース本塁打
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング