有料道路での突如Uターンで衝突事故 被害者は「保険会社の対応に納得いかない」

「避けようがない事故の被害にあっても過失を取られるのは、納得できない」と被害者。

話題

2021/07/07 17:45

事故

今年5月10日午後0時14分頃、神奈川県内を通る自動車専用有料道・小田原厚木道路上り0.7キロポスト付近で、車両同士の衝突事故が発生。被害車両を運転していた女性と同乗者が全治3週間のけがを負った。事故の決定的瞬間をドライブレコーダーが捉えた。



 

■有料道でいきなりUターン

動画には、男性が運転するプリウスが突如として右にハンドルを切る様子が写っている。運転していた森下氏らは悲鳴をあげながら、非常停止帯に避けたが衝突。

男性は、「道を間違えたことに気づき、0.7キロポスト付近にある右側の非常停止退避場を見つけ、その場を使い戻ろうとUターンをした」と語ったという。

後日トラブルにならないように森下氏が文書化し、男性は謝罪に訪れた際にフルネームでサイン。この道路を管理するネクスコ中日本によれば、「小田原厚木道路では、全区間Uターン禁止」とのこと。しかしその後、加害者が加入していた保険会社の対応に森下氏は憤っている。

【動画】突然のUターンで起きた衝突事故の決定的瞬間


関連記事:JR藤沢駅近くで正面衝突事故が発生し消防10人出動 目撃者から話を聞いた

 

■代車費用約60万

保険会社の車両事故担当者は「被害車両はUターンではなく、進路変更をしようとした」と主張。また、「事故の過失割合についても9対1で、止まっていない限り10対0にはならない」と言い放ったという。森下氏は納得がいかないものの、自分が加入していた車両保険を使用。

事故

新価特約(新車価格相当額をカバーしてくれる)を付帯していたため、事故車を廃車し新車に買い換えることにした。しかし、納車が11月中旬になるため、代車費用特約の期間も経過してしまい、代車代が実費で約60万かかってしまうという。

さらに森下氏は20等級だったが、3等級ダウンとなり、翌年から高い保険料を一定期間支払い続けることになる。

次ページ
■担当者の対応に不満