有料道路での突如Uターンで衝突事故 被害者は「保険会社の対応に納得いかない」

「避けようがない事故の被害にあっても過失を取られるのは、納得できない」と被害者。

2021/07/07 17:45


 

■担当者の対応に不満

「避けようがない事故の被害にあっても過失を取られるのは、納得できない」と話す。判例を含めた自動車保険業界の常識に疑問を抱いているという。また、「被害者という立場で、お金では解決できない心の傷を追っている。それなのに保険会社担当者の対応はひどすぎる」と話す。

森下氏が加入している保険会社は、よく話を聞いてくれているそうで「弁護士を使い先方の保険会社側と交渉していく」と話しているそうだ。


関連記事:通勤時間の路線バスが電柱に激突し12人けが 目撃者から話を聞いた

 

■両者に言い分の食い違い

保険会社の広報担当は、しらべぇ編集部の取材に対して「被害者の主張と弊社の対応で相違する点がある」と話す。「本件事故は、弊社の契約者がUターンしようとした際に発生したものと認識している」と、森下氏の主張を否定。

事故

また、過失割合についても「9対1が確定した訳ではない。今回の事故状況を十分把握し、物損についても適正な根拠にもとづき対応を進めている」と語る。

さらに「お相手さまの治療費については、弊社が支払うことで合意済み」と述べた。事故から約2ヶ月たっても、両者の言い分は食い違ったままだ。

・合わせて読みたい→雨の東名高速で事故相次ぐ 目撃者は「自衛隊車両がスリップし前輪がパンク」

(取材・文/しらべぇ編集部・おのっち

弁護士交通事故被害者Uターンネクスコ中日本自動車保険廃車小田原厚木道路過失割合車両事故
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング