死亡確認され遺体袋に入れられた男性 報道中に息を吹き返し衝撃映像に

「死んでいます…」。救急隊員がそう確認したはずの男性が、まだ生きていた。

話題

2021/07/08 10:30

事故・事故現場・死亡事故・遺体・遺体袋
(KatarzynaBialasiewicz/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

男性が死亡したとする報告を受け、報道陣が現場でリポートを始めた。このとき男性はすでに遺体袋の中だったが、いきなり動いたことを『The Sun』など海外のメディアが報じている。



 

■バイクで移動中に体調悪化

6月29日のこと、ブラジルで暮らす高齢男性(71)が、バイクで移動中に体調を崩した。そのままバイクから落下し、意識不明の状態に陥った。

通報を受け駆けつけた救急隊員たちが男性の状態をしっかり確認し、「すでに死亡している」と判断したという。


関連記事:コロナ禍でキャンプをした人を救おうと… ボランティア男性が滑落し全身麻痺に

 

■遺体袋に入れられた男性

救急隊員たちは、遺体を入れる袋に男性を入れた。その後、事故と男性の死亡を報道すべくリポーターとカメラマンたちが現場に急行すると、カメラはある衝撃的な瞬間をとらえることになった。

「動くはずのない遺体入りの袋がぴくぴくと動いている…」。そう気づいたリポーターたちは衝撃を受けたが、「奇跡が起きた」「男性は、死んでいない」と感じ、すぐさま然るべき行動をとった。

次ページ
■「口の端から小さな泡が…」

この記事の画像(1枚)