『ヒルナンデス』アナウンサーの“餃子の食べ方”が最高 これは大発見だ…

『ヒルナンデス!』を担当する日本テレビの篠原光アナウンサーが、餃子のタレの「味変」として紹介したものは…? 実際に試してみた編集部員は「知らなきゃ損です!」と感激。

グルメ

2021/07/08 05:30

焼き餃子

突き詰めると奥が深い餃子。今月6日に放送された『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)でも特集が組まれ、その中で同局の篠原光アナウンサーが紹介した「手軽な餃子の味変方法」が気になったので、しらべぇ編集部でも試してみたぞ。


画像をもっと見る

 

■餃子を「ごまドレッシング」で食べる

ごまドレッシング

同日、報道フロアからニュースと気象情報を伝えた篠原アナは、スタジオの南原清隆に「南原さん! 今日は餃子を沢山召し上がっていましたが、餃子のタレって何を使われますか?」と問いかける。

南原が「僕は酢にこしょうですね、ちょっとラー油も入れて」と答えると、篠原アナは「いいですね~!」と共感しつつ、「手軽に味変したいという方にオススメなのが、ドレッシングです!」と、局内の冷蔵庫にあったというドレッシングを取り出して紹介。

篠原アナいわく、とくにオススメなのが「ごまドレッシング」なのだとか。


関連記事:3COINS店舗限定の「餃子風ご飯のお供」 本物の餃子と食べ比べたら…

 

■食べる前は違和感があったけれど…?

ごまドレ投入

これまで定番の「醤油+酢+ラー油」でしか餃子を食べたことがない編集部員が、篠原アナがオススメする「ごまドレッシング」による味変を試してみることに。

小皿にごまドレッシングを注ぐ瞬間は、これまでの既成概念からどうしても違和感を感じてしまう…。

焼き餃子+ごまドレ

「好みに合わない可能性もあるし…」と、はじめは写真のように少しだけごまドレッシングを付けて食べてみると……餃子がクリーミーな味わいになるだけでなく、ごまのコクが加わりこれまで体験したことのない味わいに。

次ページ
■この味変の「ちょうどよい量」があった

この記事の画像(5枚)