丸山桂里奈のサッカーあるあるに驚きの声 バイきんぐ小峠を蹴りたくなる?

元なでしこジャパンの丸山桂里奈が独自のサッカーあるあるを力説。フォワードとキーパーにそれぞれ…。

2021/07/08 06:15

丸山桂里奈

7日放送『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に元女子サッカー・なでしこジャパンの丸山桂里奈が登場。サッカー選手ならではの独特な「サッカーあるある」を明かし、大きな反響が起きている。



 

◼サッカーあるある

ジャニーズの人気アイドルグループ・Sexy Zoneの中島健人はサッカー経験者でゴールキーパーだったとの話題から、丸山は「キーパーあるあるってある?」と質問。

夫・本並健治も元プロサッカー日本代表でキーパーだったため、一緒に過ごすうちに気がついた「キーパーあるある」をまずは丸山が語っていく。


関連記事:丸山桂里奈、5年前の夫と三船美佳との3ショットを公開 「変わったの私だけ?」

 

◼夫の本並は…

丸山は「キーパーと結婚するとセキュリティいらず」と主張。「ドアが開きっぱなしだとセキュリティ(アラーム)が鳴ったりするじゃないですか。でもうちの旦那さんはどこが開いてるかっていうのがすぐわかるんです」と職業柄、視野が広いキーパーは家の窓やドアの開閉にすぐ気がつくと力説する。

さらに「自分より後ろに(人に)いられたくないので、車は絶対後部座席に乗る。毎回、私が運転すると後ろに乗るんですよ」とポジショニングにもキーパーらしさが出ると解説した。

次ページ
◼あるあるが止まらない

「楽天スーパーSALE」約200万点が半額以下&ポイント最大43倍 ふるさと納税でお得に

あるあるテレビサッカーSexy ZoneTOKIOカケルゴールキーパー丸山桂里奈中島健人ケンティ本並健治
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング