千葉市でチーターの赤ちゃんが一挙に6頭誕生 中には踏まれてしまう子供も

子供たちの公開は9月頃を予定。公開までの間は、母子の様子を随時Twitterで発信していくそうだ。

2021/07/08 14:50

チーター

チーターは陸上で最も速く走ることができる動物で、その速さは時速110キロに達する。この理由の一つに、ほかのネコ類と違い、常時しまうことができない爪を持ち、走るときにスパイクの役目を果たすことがあげられる。

そんな中、千葉市動物公園の5歳のチーターが一挙6頭の赤ちゃんを出産した。



 

■外国から寄贈された両親

出産したのは、ノルウェー王国から寄贈されたズラヤで、チーターの飼育が開始されたから初めての繁殖成功となった。発情期のペアリング時に3頭のオスと同居していたことから、今後DNA鑑定により、父親を特定するという。父親はチェコ共和国からやってきた。

先月8日に誕生し、同月14日時点での体重は500グラム代だったが、その後すくすくと成長し今月1日には約1300グラムに到達。

【動画】踏まれてしまうチーターの赤ちゃん


関連記事:12歳女児と15歳少年に赤ちゃん誕生 自治体が手厚い支援を表明

 

■普段は母親と過ごす

チーターは、個体によっては体重65キロ、体長152センチ程度まで成長することがあるという。また、普段は母親と過ごしているが、体重を測るときには母を別室に移し、すばやく測定を終わらせるそうだ。

母と飼育員が一緒の場所にいることは危険で、子供たちも成長してくると同じ状態になるそうだが、「具体的な時期はまだわからない」と担当者。

→【楽天スーパーSALE】今年最後のビッグセール! 12/4(日)20:00~12/11(日)01:59

次ページ
■公開は9月頃
子供親子千葉県DNA鑑定ノルウェー最速チェコチーター千葉市動物公園スパイク
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング