仲直りにはほど遠く… 夫婦ゲンカに追い打ちをかけた夫の最悪言動

夫婦ゲンカしたときには、できるだけ早く仲直りしたいもの。しかし余計な一言で、さらに揉めることもあるようだ。

2021/07/09 11:00

カップル
(kazuma seki/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

愛し合って一緒になった夫婦でも、ときにはケンカもするだろう。できれば早く仲直りしたいのに、相手が余計なことを言ってこじれるケースもあるという。

そこで、しらべぇ取材班は「夫婦ゲンカに追い打ちをかけた夫の最悪な言動」について女性に体験談を聞いた。



 

①過去のケンカまで持ち出す

「先日、夫とちょっとしたことでケンカになりました。くだらないことが原因だったのですぐに終わると思ったのですが、夫の怒りはなかなか収まりません。さらに怒った夫は、昔の話まで持ち出してきて…。


数カ月前のケンカの内容を掘り返し、ネチネチと問い詰めてきたんです。さすがにしつこすぎると思い、また言い合いになって…。こんな性格の人だったんだと、あきれてしまいました」(30代・女性)


関連記事:アレク、妻への“隠し事”がバレて大揉め 「夜中に家追い出された」

 

②話しているときにスマホを見る

「夫と家事のことで揉めて、ケンカになったんです。最初はお互いに激しい口調で言い合っていたのですが、だんだんと夫は黙り込みました。


そして私が話しているのに、スマホを見だしたんです。いくらケンカしているとはいえ、その態度は失礼だと思い怒りました。しかし私の相手をしたくないのか、夫はスマホを見るのをやめなくて…」(40代・女性)

次ページ
③無理に話を終わらせようとする

→【50%還元】Kindle本ポイントキャンペーン 5月26日まで

夫婦ケンカ夫婦ゲンカ言い合い怒る揉める
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング