給食のパンをのどに詰まらせ小5児童が意識不明 佐渡市教委に状況を聞いた

新潟市内の病院にドクターヘリで搬送されたが、医師は「パンによる窒息」と診断しているという。

2021/07/09 14:45

佐渡市教育委員会
(写真提供:佐渡市)

新潟県の佐渡市教育委員会は、市内の小学校で5年生の男子児童が給食のパンをのどに詰まらせて意識不明になったと8日に発表。9日午前も意識不明の状態が続いている。



 

■AEDを装着したが

佐渡市教委学校教育課によると、男児は7日午後0時20分に給食を食べ始めたが、5分経過後に口の中のパンを吐き出したという。男児の異変に気づいた担任が男児と教室から廊下に出て、背中をたたくなどすると再びパンを戻した。

その後だんだんと意識を失っていったため、ほかの児童が養護教諭を呼びに行った。養護教諭はAEDを持参し、装着したが「電気ショックは不要です」とのメッセージが流れた。


関連記事:大阪・豊中市の小学校教職員16人が新型コロナ感染 教委に詳細を聞いた

 

■丸形の米粉パンを食べた

教諭が救急隊員が到着するまで心肺蘇生を続け、その後市内の病院で応急処置を実施。意識が戻らないため、新潟市内の病院にドクターヘリで搬送された。

医師は「パンによる窒息」と診断しているという。児童が食べたパンは直径10~12センチ、厚さ3~4センチの丸形で、佐渡市内の米粉が使用されたもちもちとした食感の米粉パンとのこと。

次ページ
■給食時間は20分間

→【Amazon】対象は2万冊以上! Kindle本夏のビッグセール【最大50%OFF】

パン小学校給食新潟市意識不明心肺蘇生AED教育委員会男子児童佐渡市米粉パン
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング