コロナ禍で人気のキャンプはクマに注意 テントから引きずり出される死亡事件も

クマが現れ、就寝中の女性に食らいついた。騒ぎに気づいた仲間が救おうとしたが、手遅れだった。

2021/07/10 08:30

クマ・熊・キャンプ場

キャンプを楽しんでいた女性が、あまりにも悲惨な最期の瞬間を迎えてしまった。熊に襲われた女性の悲劇的な死について、『New York Post』などアメリカのメディアが詳しく報じている。



 

■大自然を満喫していた女性

アメリカ・カリフォルニア出身のリア・デイヴィス・ローカンさん(65)が、仲間たちと自転車に乗り旅に出た。長距離を移動しモンタナ州の小さな町に到達したローカンさんたちは、テントの中で休むことにした。

仲間2名はひとつのテントに、そしてもうひとつにローカンさんが入り眠ったが、しばらくするといきなりクマ(ハイイログマ)が出没。目を覚ました3人は震え上がったが、クマも驚いたのか、あわててその場をあとにした。

「食べ物が狙いだったのかもしれない」。そう考えたローカンさんたちは食料をテントの外に出し、再び眠りについた。


関連記事:「危険」の警告板を無視し近道を… ガイドの少年がヒグマに襲われ遺体を食われる

 

■またしても現れたクマ

そのわずか数時間後、クマが再び出没。このときはローカンさんのテント内に侵入し、いきなり襲いかかった。騒音と悲鳴に驚いた仲間が様子を見に行き、念のため持っていたスプレーを噴射してクマを撃退。その後にローカンさんの蘇生を試みたが、すでに手遅れの状態だった。

クマはその晩、よほど腹をすかせていたらしかった。ローカンさんを襲う少し前には、キャンプ場の近くにある鶏舎に出没し、ニワトリを食い散らかしていたことも判明している。

次ページ
■クマはどこに?

「楽天スーパーSALE」約200万点が半額以下&ポイント最大43倍 ふるさと納税でお得に

キャンプ死亡捜索クマテントスプレー蘇生コロナ禍翻訳記事キャンプブーム
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング