迷い猫ポスターを作った朝にしれっと帰宅した脱走犯 無事帰ってきた背景は…

迷い猫ポスターを作った朝、無事に帰宅した猫ちゃんが話題に。飼い主に経緯を聞いた。

2021/07/10 13:00

迷い猫

かつて猫を飼う際は、家の内外を自由に行き来させる飼い主も少なくなかったが、伝染病などのリスクもあり、最近は室内飼いを徹底する飼い主が増えている。逆に言えば、もし逃走されてしまった際は、帰巣本能に期待しづらい可能性も高い。

そんな猫の逃走にまつわるツイートが話題となっている。



 

■網戸を開けて猫が逃走

キジトラの雌猫・ししゃも(9歳)を飼っているちどりさん。大きな話題となったのは、8日の投稿だ。

7日の夕方、網戸をこじあけて雨の中脱走したししゃも。夜中に一生懸命探したが見つからないため、迷い猫ポスターを製作。すると翌朝、何食わぬ顔で帰ってきてくれたという。

無事の帰宅で何よりではあるが、どんな経緯だったのだろうか。しらべぇ取材班は、飼い主のちどりさんに詳しい話を聞いた。


関連記事:プランターに「植えたはずのない猫」が咲いた? かわいすぎる写真の投稿者に直撃

 

■夜通しは初めて

過去には短い脱走をしたこともあるというししゃも。しかし、「今回のように夜を超える脱走は初めて」と語るちどりさん。雨の中の脱走、梅雨どきで悪天候が続きがちなのも不安に拍車をかける状況だ。

ちどりさんは、猫が逃げた網戸がある縁側に餌を置いたり、その夜はできるだけ家の明かりを灯しておいたり、定期的に探し名を呼んだりといった対策をしていたという。

次ページ
■おでかけのつもりだった?

→【Amazon】対象は2万冊以上! Kindle本夏のビッグセール【最大50%OFF】

ポスター脱走逃走網戸キジトラ迷い猫帰巣本能室内飼い回遊魚
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング