12歳少女が心身への暴行を苦に自殺 「全国民に見てほしい」と母親が衝撃動画公開

たった12歳の若さで死を選んでしまった少女の母親が、ある行動に出た。

2021/07/11 04:00

親子・母・娘・少女・女性・手を握る

つらすぎる性的被害と陰湿ないじめを受けて苦しんだ少女が、その末に自殺した。母親がいじめ動画を公開し、「ぜひ見てほしい」という強い決意を明かしたことを、『The Daily Star』など海外のメディアが報じている。



 

 

■性的暴行を受けた少女

イギリスで暮らしていたセミーナ・ハリウェルさん(12)は、小さい頃からとても美しかった。そのため過去にはモデルにスカウトされたことも何度かあったが、本人は「自信がない」と断っていたという。

そんなセミーナさんが今年の2月、性的暴行を受けるという悲劇に見舞われた。翌月には勇気を出して警察に通報したが、その直後から壮絶ないじめ・嫌がらせを受けるようになった。


関連記事:いじめ動画を見たネットユーザーが加害者を特定し報復に走る 「絶対に許さん!」

 

■自殺を決行するまでに

セミーナさんは、通報直後からインターネットに毎日のように悪口を書き込まれるようになった。ときには集団に囲まれ蹴り倒されるといった暴行を受け、その様子を何者かが撮影していたという。

そのような日々に耐えられなくなり絶望したセミーナさんは、自殺を試みた。すぐには亡くならず病院に搬送されたが、数日の入院を経て6月12日に息を引き取った。「私、レイプされたの…」。それが、死去前に母親レイチェルさんに語った最期の言葉になったという。

次ページ
■暴行動画を公開

→【Amazonタイムセール祭り開催中】食品10%ポイント還元キャンペーン同時開催 5月30日23時59分まで

母親インターネットイジメ自殺死亡性的暴行翻訳記事暴行動画
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング