張本勲氏、大島康徳氏を「良い男だった」と追悼 視聴者からも惜しむ声相次ぐ

6月30日に惜しまれつつ亡くなった大島康徳氏に、張本勲氏がコメント。「野球教室で一緒だった」と振り返り、涙声になるシーンも。

2021/07/11 11:10

張本勲
(写真提供:JP News)

11日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で、張本勲氏が6月30日に大腸がんのため亡くなった元日本ハムファイターズ監督・大島康徳さんをしのんだ。



 

■大島さんの足跡を紹介

番組は元中日ドラゴンズ・日本ハムファイターズで選手としてプレーし、6月30日に亡くなった大島さんの足跡を放送。

中日時代の1983年にセントラル・リーグのホームランを獲得した様子や、1988年に日本ハムへ移籍し、1990年には当時最年長での2,000本安打を達成した様子が紹介される。

また、2000年から3年間、日本ハムの監督として指揮を執る様子や、2006年の第1回ワールド・ベースボール・クラシック日本代表で打撃コーチを務めたこともアナウンスされた。


関連記事:張本勲氏、野球界後輩の優しさに涙声で感謝の弁 称賛の声相次ぐ

 

■『サンモニ』出演時の様子も

さらに大島さんが『サンデーモーニング』に出演し、元阪神タイガースの金本知憲氏引退のニュースに元気良く「あっぱれですよ、超あっぱれですね」と語る様子も放送される。

そして逝去後、大島さんのブログに掲載された「病気に負けたんじゃない。俺の寿命を生ききったということだ」という文言が、アシスタントの唐橋ユミによって読み上げられた。

次ページ
■張本氏が追悼

→5月28日9時から【Amazonタイムセール祭り】食品10%ポイント還元キャンペーン同時開催

野球訃報日本ハムファイターズ張本勲関口宏サンデーモーニング大島康徳
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング