新宿で話題の”飛び出す3D猫”を自作!? 制作者は「2日間で完成させた」

「何度か撮り直してもあまり変化がなかった。そのうちそのまま寝ようとしたので降ろした」と制作者。

2021/07/15 12:45

新宿3Dリアル猫

世界最大の乗客数を誇る新宿駅東口駅前広場にある『クロス新宿ビジョン』。150立方メートル超級では、国内唯一の4K相当の最新スペックで、飛び出す3D巨大ネコを楽しめる。そんな中、そのビジョンをリアルに再現した投稿が大きな話題を呼んでいる。



 

■制作期間2日

制作者の現代美術二等兵ふじわらさんは、「制作期間は2日間で、あまり細部にこだわらずにスピードを重視した」と話す。組み上げたセットは高さ約1メートルで、乗っているネコは飼い猫のオレオ・4才。最初は嫌がって暴れるかと思ったそうだが、落ち着いていたという。

また、「何度か撮り直してもあまり変化がなかった。そのうちそのまま寝ようとしたので降ろした」と述べた。Twitter返信欄には「一瞬、新宿のスクリーンに黒猫いたっけ?と思うほどリアル」、「バックの風景も素晴らしい」といった称賛の声が相次いでいる。

【動画】自作した「新宿の飛び出して見えるリアルネコ」」


関連記事:かわいいネコたちが初物キュウリに興味津々 「なにそれ…と何回も見にくる」と飼い主

 

■脱力エンターテイメント

ふじわらさんは、現在京都祇園にて個展「京都五輪」を開催中。

4年に一度あるかないかの不定期な駄美術の祭典「駄美術オリンピック」だそうで、 妄想の世界から集まった約150点あるかないかの作品群が織りなす「脱力のエンターテイメント」を楽しめるという。

次ページ
■誰もがやんわり楽しめる

→Amazonプライム会員だけが参加できる! 年に一度のビッグセール「プライムデー」7月12、13日。初回会員登録は30日無料。

京都新宿オリンピック五輪ネコスノードーム新宿東口クロス新宿ビジョン世界最大
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング