カシマスタジアムでの児童・生徒五輪観戦に賛否 教委は「決して強制参加ではない」

「学校連携観戦プログラムは、決して強制参加ではない。悪のようなイメージを持たれてしまっているのが残念」と教委。

2021/07/15 15:45

オリンピック・東京五輪

東京五輪サッカー競技が行われるカシマスタジアム(茨城県鹿嶋市)で、児童生徒らのみが観戦を認められる決定について、賛否両論の意見があがる事態となった。鹿嶋市教育委員会などには、抗議の意見も寄せられている。



 

■約3,900人が参加

茨城県と大会組織委員会は8日、男女1次リーグ計3試合のみ「学校連携観戦プログラム」を活用した児童・生徒・教職員の観戦容認で合意した。鹿嶋とつくばみらい両市の小中学校と県内の私立高計23校の児童・生徒ら約3,900人が参加予定となっている。

このうちの3,642人は鹿嶋市内の小中学校18校(県立付属中含む)だ。


関連記事:”小中学生五輪81万人動員計画”を東京都が真っ向否定 担当者は「あまりにもひどすぎる」

 

■欠席扱いにはならない

鹿嶋市教育委員会によると、保護者に対してプログラム参加への意向確認を先月17日締め切りで実施。市内の全児童・生徒4,921人中3,081人が参加の意思を示した。

同様に教職員655人中561人から参加の意向が示された。このプログラムは学校行事として実施されるが、新型コロナ感染への懸念がある場合は、欠席扱いとならない。

次ページ
■可能な限りの観戦対策実施

「楽天スーパーSALE」約200万点が半額以下&ポイント最大43倍 ふるさと納税でお得に

サッカークレーム茨城県東京五輪新型コロナウイルス学校連携観戦プログラム電凸カシマスタジアム鹿嶋市
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング